読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳内色彩感覚

輪切りの中身。なるべく毎日書くつもり

誠実であるという事

 

誠実な人間は誰からも好かれる。「誠実である」という事は、他人から受ける評価として最も価値があるものの一つではないか。
自分も出来ることなら誠実な人間になりたい。
しかし、自分は案外どういう状態の事を誠実と呼んでいたのか分からないという事に気付いた。
 
他人との約束を必ず守る事? ←ただ従属しているだけでは。奴隷が主人に誠実であるとはあまり聞かない。というか料理屋がもれなく誠実な人扱いになるのは悔しい(別にいいけど)
 
嘘をつかない事? ←誠実だと言われる人も恐らく必要に迫られれば嘘をつく。 でないと実社会でそんなにポンポン誠実な人が現れないはず。
 
という事を車乗りながら考えてた。
しばらくしてそもそも誠実とは相手を指す事だけじゃないよなとちょっと思いついた。
自分に誠実であるという事もあり得るなと。
最終的に
「対象の人(自分含む)の考えに敬意を払う」事が誠実であると言う事かなと思った。
 
敬意という言葉を使ったのは「対象者の考えを価値あるものだと認めるけど、必ずしもそれと同じ考えを自分も持つ必要はなく、ただ対象者がそういう考えに則って行動している」という事を把握している状態、もしくは把握しようと努力している状態の事を言いたかった。難しい言葉のボキャブラリーが無いから敬意と書いてみた。
 
これなら一個一個の注文に嘘なく応えるだけというファストフード店で1日1万回位繰り返される様な味気ない状態を誠実と呼ぶよりも少し前進した気がしないでもない。
 
自分に誠実に生きれば自分の考えの価値を認めると言う事になるのだろう。
今までは自分の考えなんて二束三文のガラクタだと思っていた。自分の考えにまともにとりあう価値なんてないと言うスタンスで生きてきた。こう考えて、自分は自分の発言に責任を持つ事を無意識に避けているんだなと気がついた。
よっしゃこれからは自分が思考をする事は金脈を掘りあてる過程なのだと思う事にしよう
とした所で結構元気になったのでまあこの結論でいいかなーと思う事にした。
「対象の人の考えに敬意を払う」。書いたからにはできるだけ実践したい。