つれづれやってく

輪切りの中身。気が向いたら書く

身軽でバカで高IQその2

前の記事の続き。
頭が良い(事を自覚してる)奴より身軽で行動的な馬鹿の方が群れの中では重宝されるという話。そらそうだよ。まずもって
1.空気が悪くならない。
2.周りの協力を仰ぐ事や人から物を教わる事に抵抗がない。
3.自分が動く事にも抵抗がないから小さな問題ならスルスル解決する。
結果、いざこざが起きず組織全体の効率が上がる。
理屈優先で人と衝突ばかりする奴よりは自分が社長だとして登用したいのはこういうタイプかなと思う。(自分が抜かれる心配もないし)
こういうタイプは簡単に言うと物凄く使いやすい。どこに置いてもそれなりに機能する。ずっと手元に置いておきたい人間だと思う。
要するに頭でっかちタイプは扱いが難しいって話。
ここまでかなり自虐的?に書いてきたけど、行動的なバカは行動的な天才にもちろん勝てない。言われる前に動けてしまうから。
自分の群れでの立ち位置を理解し、恐らく自分が直面するであろう課題を先回りして解決できる能力がある。
自分の力を過信せず、周りを巻き込める天才は大げさじゃなく世界を変えられると思う。
やりたい事だけやる偏屈野郎でもそれなりに楽しいだろうが自分が群れの中に居ると自覚していれば結果がかなり変わってくる。と、お も う。 思う!